FC2ブログ

かおるの備忘録

Home > カメラとか

2013.08.05 Mon レフ板の有無(ARTE138)

ドールさんを写すのに、昨年からレフ板を使っている。とはいっても、大きなダンボール板にアルミホイルを糊で貼り付けただけのものだ。さらに、部屋に大きな鏡があるので、鏡の向きを合わせてドールさんに光を当てることもある。だけどね、光の当て具合なんか分からずにやっているのよ。
imageARTE138れいりセーラービキニレフ板有無01-D40ドールさんに光を当てれば、明るくなってカメラのシャッター速度が上がり、ブレる写真が減るのではないかと、その程度の動機なのだ。
imageARTE138れいりセーラービキニレフ板有無02-D40こちら、レフ板なし。たしかにシャッター速度が落ちるので、三脚使用なら大丈夫でも、手持ちでは写したくないことも多い。
それでも写すから、精細さに欠ける写真も多い‥。
imageARTE138れいりセーラービキニレフ板有無03-D40こちら、レフ板あり。明るく写っていてくっきりと見える。その反面、何やらのっぺりしていて立体感に欠けるかもしれない?
imageARTE138れいりセーラービキニレフ板有無04-D40再び、レフ板なし。陰影ができるけれど、かえって立体感が増し、これはこれで良いのではないかい。



‥なーんて、写ればいいんだよ、写れば、のかおる的には、どっちでもありだ。



(カメラはD40)

2013.07.17 Wed カメラくらべ

CCDセンサーならではの鮮やかな発色、というものに興味を持って買った、Nikon D40、D3000。それに、普段、ドールさんを写しているCMOSセンサーのD5100を比べてみた。SONY α57もちょろっと参加。
imageARTE138れいり+カメラ比べ01-57
ISOはD40が200始まりなので200に統一し、シャッター速度が1/60より長くなるとISO-400まで上がる設定で統一した。さて‥。

1.まずは、南の窓(画面左側)のカーテンを開けて
imageARTE138れいり+カメラ比べ02-57
imageARTE138れいり+カメラ比べ03-D5100
imageARTE138れいり+カメラ比べ04-D3000
imageARTE138れいり+カメラ比べ05-D40
うーん、何というか、D40だけ色合いが他と違い、こうして見比べると違和感がある。ランドセルの赤が違うし、キュロットだって青みがかっている。そういえば、海の色もこんな風に青かったし。他の3台は同じような色合い、というか、本当の色に近いと思う。

2.次は、南の窓(画面左側)に加えて東の窓のカーテンも開けて
imageARTE138れいり+カメラ比べ06-D40
imageARTE138れいり+カメラ比べ07-D3000
imageARTE138れいり+カメラ比べ08-D5100
いずれのカメラも、露出や絞りを変えて数枚ずつ写したけれど、色合いはカメラごとに同じ傾向を示した。

3.普段使っているD5100では、ADLオート、ライブビューでも写してみた
imageARTE138れいり+カメラ比べ09-D5100ADL
imageARTE138れいり+カメラ比べ10-D5100ライブビュー
ADLにすると暗い部分(髪の毛とか)明るくなって見やすくなるけれど、全体にメリハリがなくなる感じもする。普段使っているライブビューでは、フォーカスポイントをドールさんの顔に持っていくと、たちまち露出が変わって明るくなるんだねー(今までブログに掲載してきた写真は、こんなのばかり)。

Nikon D5100の家系図は、
●D40---2006年発売CCD 610万画素
○D40x--2007年発売CCD1020万画素
○D60---2008年発売CCD1020万画素、EXPEED、ゴミ取り機能
●D3000-2009年発売CCD1020万画素
○D5000-2009年発売CMOS1230万画素
○D3100-2010年発売CMOS1420万画素、EXPEED2
●D5100-2011年発売CMOS1620万画素
○D3200-2012年発売CMOS2416万画素、EXPEED3
○D5200-2012年発売CMOS2410万画素

ちなみに、SONY
●α57---2012年発売CMOS1610万画素

imageARTE138れいり+カメラ比べ11-57いやあ、比べれば比べるほど、どのカメラがお気に入りか分からんなるしぃ。というか、どれでもいいや、て感じ?

2013.07.13 Sat D40キタ━(゚∀゚)━

D3000キタ━(゚∀゚)━、なんて書いたばかりなんだけど、今度は、D40がやって来た。
imageARTE138れいり+初D40+赤ラン1
NIKON D40、2006年発売、610万画素CCDセンサー。ローパスのゴミ取り機能もADLもない。フォーカスポイントなんか3点しかない。今どきのカメラと比べると、なんじゃこりゃーー、なスペックを誇る(いや、誇ってないし)。
imageARTE138れいり+初D40+赤ラン2でもね、信者がいるらしいのよ、信者が。
CCDセンサーならではの発色で、しかも、濃厚な色を出していた時期のカメラらしい。おまけに、当時1000万画素が主流になりつつあった時期に、あえて(‥ほんとは仕方なく、とか、事情があったのかもしれないけど)、610万画素のセンサーを搭載したために、当時としては高感度に強いカメラとしても人気が出たらしい。
imageARTE138れいり+初D40+赤ラン36月の始めにポチッたD40はお店から家に持ち帰ることなく、いきなりサービスセンター送りになった。帰ってきてからも、すぐにサービスセンター送りになって、また繰り返して‥、となかなか手元にやって来ない。
今回やって来たD40は、そいつではない。度重なるサービスセンター送りに頭に来て(‥早く試したかったというのもあって)、程度が良いという売り物が出たので買い増してしまった。
imageARTE138れいり+初D40+赤ラン4写り具合はこんな感じ。画像処理エンジンEXPEEDを搭載する以前のカメラなので、最近のNIKONの色具合とは少し違うようだ。D5100でドールさんを写しているかおるには少々違和感があるけれど、これはこれでアリなんだろう。
ちなみに、前回のD3000の写真は明るくて、今回のD40の写真が暗いのは、露出補正の違いだと思う。D3000は露出補正±0、D40は-0.3や-0.7で撮った。
imageARTE138れいり+初D40+赤ラン5
まあね、D40はドールさんを撮ろうと買ったのではない。CCDセンサーが真価を発揮するのは、晴天の屋外らしいので、そっちで使ってみようかなぁ、と。でもね、ドールさん用にも、結構イケるかもしれない。どうするべ?

2013.07.11 Thu D3000キタ━(゚∀゚)━

Nikon D3000というカメラがやって来た。現行のD3200よりも2世代前のカメラだ。しかも、かおるがドールさんを写すのに使っているD5100という5000シリーズではなくて、番号が下の3000シリーズだ。なんで買ったの?
imageARTE138れいり+初D3000+赤ラン1
今どきのカメラのセンサーはSMOSという高感度に強いものらしい。で、少し前まではCCDというセンサーが使われていたそうだ。高感度には弱いが、晴天の屋外ではCMOSにはない鮮やかな色を出すらしい。そう言われると、なんか気になるのよね。だから‥。
imageARTE138れいり+初D3000+赤ラン2メリハリの利いた発色で人気のD40というカメラ(D3000よりもさらに古い)を買ってみた。でも、いきなりサービスセンター送りになって、戻ってきたと思ったら、またサービスセンター送りになって‥、となかなか手元に来ない。おまけに、センサー(ローパス)のゴミ取り機能がないせいか、取っても取っても次々とゴミが付いて写ってしまう。なので、D40は再びサービスセンターだ。試す間がないぜ。
imageARTE138れいり+初D3000+赤ラン3
仕方がないので、ゴミ取り機能の付いたD3000を試してみるか、ということに。今や、その発色の大胆さで伝説化したD40に比べると、D3000はずっと控えめな発色らしいけれど、一応、最後のCCDセンサー搭載機という、記念碑的モデルらしい(Nikonのデジ一では、ということかな?)。それで‥。
imageARTE138れいり+初D3000+赤ラン4程度が良いという中古を購入した。ところが‥。こいつもかよ。数十個の輝点(ホットピクセル)のために、即、サービスセンター送りとなった。カメラ専門店なんだから、それくらいチェックしとけよ。それとも分かってて売ったのかなー?
D40といい、D3000といい、中古カメラには、いい加減頭にきてD3000の新品を買い増してやった。安くなかったけど、こんな古いカメラが、まだ新品であったなんて!
imageARTE138れいり+初D3000+赤ラン5
そんなD3000。発色はどうだろう。ハッとするようなランドセルの赤になっているだろうか?ま、ど素人のかおるには、分っかりましぇ~~~ん。

2013.07.01 Mon D5100のピクチャーコントロール

かおるがドールさんを写すのに使っているNikon D5100。ピクチャーコントロールというのがあって、色合いが変えられる。写ればいいんだよ、写れば‥という構えなので気にしていなかったんだけど、試しにやってみた。
imageARTE138れいりピクコン1SD1.SD(スタンダード)‥標準設定
鮮やかでバランスの取れた標準的な画像になるそうだ。
imageARTE138れいりピクコン2NL2.NL(ニュートラル)
撮影した画像を積極的に調整、加工する場合に適しているそうだ。
imageARTE138れいりピクコン3VI3.VI(ビビッド)
メリハリのある生き生きとした色鮮やかな画像になるそうだ。
imageARTE138れいりピクコン4PT4.PT(ポートレート)
人物の肌がなめらかで自然な画像になるそうだ。
imageARTE138れいりピクコン5LS5.LS(風景)
自然の風景や街並みが色鮮やかな画像になるそうだ。



他に、
6.MC(モノクローム)、白黒やセピアなど、単色の濃淡で表現した画像になるそうだ。※画像なし。


さあて、結局はSD(スタンダード)が最もお気に入りだったり。