FC2ブログ

かおるの備忘録

Home > カメラとか

2014.02.06 Thu 色気、じゃなくて、色味、というか

ニコン機用に望遠ズームレンズを買った。室内でドールさんを写すのには必要ないんだけど。

imageARTE138みらんジャンスカ87+α57

せっかくなので、ニコンD5100に55-300レンズと、ソニーα57に75-300レンズで撮り比べた。まあね、素人にはレンズによる違いは分かりませぇーん。それよりも‥。
いつものことだけど、ニコンD5100とソニーα57とでは、色が違うんだね。
カメラなんだから(?)どれも同じ色になるだろ、と思っていたら大間違いのよう‥。

imageARTE138みらんジャンスカ88+D5100

こちら、ニコンD5100で撮った写真。ドールさんの写真は、ほとんどこのカメラ。ときどき、ニコンD40。こうしてみると、ずいぶん黄色っぽい感じ?

imageARTE138みらんジャンスカ89+α57

こちら、ソニーα57で撮った写真。色気がないけど、素直で実物に近い感じ?

さてさて、カメラ(メーカー)はひとつに決めた方が、レンズ代が助かるんだけどね。どちらも長所があって、ひとつに決められないのよ。

‥なんて人は、ドールさんだってひとつに決められない、何を所有するにもひとつに決められない、なんてあるんじゃね?

2013.12.22 Sun 3度目のM‥

しつこく、3度目のM‥、やってみた。

imageARTE138さゆきMモード21+D5100

前回、いつもドールさんの撮影に使ってきたD5100でMモードを試してはみたものの‥。
シャッター速度を変えて露出を変えても、ライブビューでは全く変化がないために、とても使い勝手が悪かった。
D5100の場合は、Aモードで露出を変える方が、ずっと使い勝手がよいや、という結論になった。
それなのに、もう一度Mモードを試してみたが‥。

imageARTE138さゆきMモード22+D5100

やっぱり、だめだ、こりゃ。

それよりも‥。

imageARTE138さゆきMモード23+D5100

こんな時間がある日に限って天気が悪い。外は雨。暗い室内。照明を使って撮影することを知らないかおるには、辛い撮影環境。

f/2.8
1/15秒
ISO=800
じゃあねー。

いや、カメラの話ではなくて、ドールさんの話をしたいのよ、ほんとはね。

imageARTE138さゆきMモード24+D5100

そんな、3度目のM‥。

2013.12.15 Sun 2度目のM‥

前回、だるま夕日の撮影の練習に、持っていくカメラを使い、初めてカメラのMモードで撮ってみた。これは撮りやすいやとすっかり味を占めたかおる。

imageARTE138さゆきMモード11+D5100

今度は、いつもドールさんを撮っているD5100でも、Mモードで撮ってみたが‥。

imageARTE138さゆきMモード12+D5100

前回使用したα57では、Mモードでダイヤルを回してシャッター速度を変えると、それに伴い液晶モニターで見える映像の明るさも変わり、露出の具合が分かりやすかった。ところが‥。

imageARTE138さゆきMモード13+D5100

D5100では、ファインダーは当然だけど、ライブヴューの液晶モニターでも、全く変化がない。露出計はあるものの、ライブヴュー中には表示されないから、いちいち切り替えて確認する必要があり、めんどくさい。
結局、撮影後に露出の具合を確認するしかないじゃないか。
使い勝手は、すこぶる宜しくない。

imageARTE138さゆきMモード14+D5100

そんな中、Mモードで撮ったのが以上の写真。

ついでに、いつものようにAモードでも撮ってみた。断然、こっちが早いわ。

imageARTE138さゆきMモード15+D5100-A

結果、α57ならMモードも「あり」だけど、D5100ではパス。

D5100でのドールさんの撮影は、これからもAモードになりそう。

imageARTE138さゆきMモード16+D5100-A

それにしても、Mっ娘なんて、いいよねー。

2013.12.12 Thu 初めてのM‥

PSAM‥、何なんそれ?とは思わずに、ああ、あれね、とお分かりの方、そうなのよ。あれ‥。

imageARTE138さゆきMモード初01+α57

今度、だるま夕日を撮りに行こうかと思って、その撮影方法をネットで調べた。そしたら‥。

マニュアルモードにして、シャッタースピードを変えることで露出(明るさ、色の濃さ)を変えろ!と書いてあった。

imageARTE138さゆきMモード初02+α57

マニュアルモードなんて、どえりゃあ難しいんじゃないの?と試したこともなかったんだけど、それなら仕方がない、やってみるべ、と初めてのM‥、じゃなくて。
Mモードで撮ってみた。

imageARTE138さゆきMモード初03+α57

なるほど、なるほど、ダイヤルを1刻みずつ動かしてシャッタースピードを変えると、露出がどんどん変わっていく。そして、気に入った露出に持っていくことができるではないか!あります!
露出を変えながら何枚かずつ撮って、気に入った写真がこれらの写真。

でも、これでは変化の具合が分からないので、以下に3枚並べてみるよ。

imageARTE138さゆきMモード初06+α57-1-40

imageARTE138さゆきMモード初05+α57-1-50

imageARTE138さゆきMモード初04+α57-1-60

下の方ほど暗くなっているのが分かる。
いやー、Mモードって、ほんとは一番使い勝手が良いのかしらん?

2013.08.05 Mon レフ板の有無(ARTE138)

ドールさんを写すのに、昨年からレフ板を使っている。とはいっても、大きなダンボール板にアルミホイルを糊で貼り付けただけのものだ。さらに、部屋に大きな鏡があるので、鏡の向きを合わせてドールさんに光を当てることもある。だけどね、光の当て具合なんか分からずにやっているのよ。
imageARTE138れいりセーラービキニレフ板有無01-D40ドールさんに光を当てれば、明るくなってカメラのシャッター速度が上がり、ブレる写真が減るのではないかと、その程度の動機なのだ。
imageARTE138れいりセーラービキニレフ板有無02-D40こちら、レフ板なし。たしかにシャッター速度が落ちるので、三脚使用なら大丈夫でも、手持ちでは写したくないことも多い。
それでも写すから、精細さに欠ける写真も多い‥。
imageARTE138れいりセーラービキニレフ板有無03-D40こちら、レフ板あり。明るく写っていてくっきりと見える。その反面、何やらのっぺりしていて立体感に欠けるかもしれない?
imageARTE138れいりセーラービキニレフ板有無04-D40再び、レフ板なし。陰影ができるけれど、かえって立体感が増し、これはこれで良いのではないかい。



‥なーんて、写ればいいんだよ、写れば、のかおる的には、どっちでもありだ。



(カメラはD40)