FC2ブログ

かおるの備忘録

Home > ARTE132 > ARTE132の膝がボキッ

2012.08.06 Mon ARTE132の膝がボキッ

ARTE132の足が、どうも真っ直ぐに伸びずに膝の部分で少し曲がっている。なんとか真っ直ぐに伸ばそうとしたんだけど‥。本当なら膝を曲げてから回転させて足の向きを調整する。最初はその通りにした。でも、足は真っ直ぐにはならなかった。そこで、膝を伸ばしたままで、回転させるのではなくて、横に曲げるように力を加えた。そしたら‥。
imageARTE132わかな紺スク水脱臼1イッちゃったねー、ポキッと。右膝の部分の骨格がいとも簡単に外れてしまった。折れたのか外れただけなのかは分からない。でも、完全に外れて膝から下がぶらぶらしている。
やってはいけないと分かっているのに、やってしまう事がある。そのように、ガサツで鈍感になる事がある。体調のせい?その数分後には、左膝もボキッとやってしまった。

imageARTE132わかな紺スク水脱臼2膝のシリコンを強く押して、奥にある骨格の状態を探ってみた。右膝の方は骨格が完全に離れていて、左膝の方は離れていない。でも、どちらも膝から下が完全にぶらぶらした状態だ。
大きいフルシリコンドールさんは、重いので無理をして動かそうと思わない。でも、小さいフルシリコンドールさんは、関節は硬いものの、軽いので力を加えると動かせるということもあって、無理をしたんだね。
imageARTE132わかな紺スク水脱臼3クララお嬢様は、最後には立ち上がったけれど、このドールさんは、もう立ち上がることはない。その代わりなんだけど‥。膝関節がフリーになったので、膝から下の足の方向を自在に変えられるじゃないか。
はいはい、開き直ったか、かおる。でも、座り姿勢での膝から下のポージングは簡単になった。ものは考えようだ。前向きに行こうじゃないか。

Comments

name
comment
錦屋 : URL

#8EQ5bLoo Edit  2012.08.06 Mon 20:01

アララ、関節技をきめちゃいましたか。
お気の毒に。
シリコンの下の関節構造がどうなっているかなんて、メーカーの人間しか知りませんからね。

開き直るのもいいですが、素直にメーカー修理の見積もりを依頼しましょうや。

青い森の海人 : URL

#mxyayG2g Edit  2012.08.06 Mon 21:46

直視に耐えない絵ですね~

居直ってムリさせると開放骨折へと進んで
もっと直視できない姿になってしまいますよ

かおる@ToshinDOLL : URL

#dvQckJnQ Edit  2012.08.07 Tue 07:43

錦屋さん
見積もりをしてもらうのが一番スマートですね。
ただ、何万円もかかるなら、このままがいいかな、
切開跡が残るでしょうし。

青い森の海人さん
開放骨折ですか、それは裂けたい、じゃなくて、避けたいですね。
ナイスぼけ、IME漢字変換。
無理せず、おとなしくしておきます。

錦屋 : URL

#8EQ5bLoo Edit  2012.08.07 Tue 18:21

切開跡はかおるさんが遊んであげた「証」だと思います。

シリコンドールの切開跡やら疵をいちいち気にするような付き合い方は、私は息苦しくて苦手です。

かおる@ToshinDOLL : URL

#dvQckJnQ Edit  2012.08.07 Tue 19:43

1.足はぶらぶらだけど見た目はきれい
2.骨格は直ったけれど手術跡が痛々しい
写真にしたときにどちらがいいか、なんですね、自分の場合。

青い森の海人 : URL

#mxyayG2g Edit  2012.08.07 Tue 22:18

錦屋さま かおるさま
こんばんは

ウチのA-Ver.2などは随分とムリさせたので切開跡や傷が
数ヶ所あるんですよ(多少は傷消しをしてますが)
初めて骨折させて、ご実家へ見積もりをとったときに
「傷を気にされる方は治療をお勧めしません」との
コメントを頂きましたが、ポージングが出来る機能を
失うこと自体が嫌だったので治療を依頼しましたし
その後は自分で治療(野戦病院と称してます)もやって
いるので、傷が気になるのであればA-Ver.2はとっくの
昔にウチに居ないでしょう・・・

ただ切開するのと裂けたでは修復の手間が大きく違い
また歪みが出るので同じ場所が裂けやすくなる可能性が
あるため、日々普通に過ごすか治療看病で過ごすか(大げさ)
の差が出るかもしれません。

ポージング機能を取るか傷の無い肌を取るかはユーザーの
選択です・・・



かおる@ToshinDOLL : URL

#dvQckJnQ Edit  2012.08.08 Wed 07:18

なるほど、「切開」と「裂けた」とでは、たとえ修復したとしても、修復跡の見栄えがまるで違ってくるでしょうね。
そう考えると、見栄え重視であっても、裂ける前に修復した方が良いということになりますね。
あとは、手術費の問題です。

とらやん : URL

#- 2012.08.08 Wed 12:52

 両脚とも関節を怪我されたとの事で、お見舞い申し上げます。

 シリコンの裂けがないとはいえ、痛々しいお姿で見るのもつらいです。

 見た目とポージング機能か耐久性・堅牢性の二者択一は、私にとっても実に悩ましい問題であります。

かおる@ToshinDOLL : URL

#dvQckJnQ Edit  2012.08.08 Wed 13:36

とらやんさん、お気遣いどうもです。
シリコンが裂けたらえらいことです。裂けないように気を使うことになります。今のところ、膝を伸ばした姿勢が一番らくそうです。

今後も裂けないならば見た目重視で行きますが、裂ける可能性を考えると切開して修復した方が得策でしょうか。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可