FC2ブログ

かおるの備忘録

Home > ARTE145 > ARTE145-の左ひざグリップ回復手術をした

2017.04.20 Thu ARTE145-の左ひざグリップ回復手術をした

ARTE145-の左ひざのグリップ力がなくなってしまい、なにかと不便なんですよ。

imageARE145来たあ34左ひざ2

そういえば、製造メーカーが骨格の写真を公開してたっけ、と見てみました。
さらに、足の骨格の交換作業をする動画もありました。
どうやら関節はボルトとナットで止めてあるっぽいです。

だったら、シリコンを切開して、緩んでいるはずのナットを締めてみる?
ということで、お医者さんごっこです。

imageARE145来たあ32左ひざ

まず、シリコンの上から指を押し当てて、ナットがある部分を探しました。
シリコンが柔らかいので分かり易かったです。

imageARE145来たあ33左ひざ

カッターでパーテーションラインを切開しました。シリコン柔らかいです。

imageARE145来たあ34左ひざ

グリップ力がまるでないので、ナットはゆるゆるかと思っていたら、結構固かったです。
レンチでないと回せませんでした。力を込めて締めました。

ちなみに、外側は13ミリのナット、内側は14ミリのボルトでした。

両側を切開して、ボルトとナットの両方にレンチを当てようとしましたが、
一人で両方は上手くできず、結果、ボルトにはレンチを当てずに、
ナットだけを回して締めることができました。ボルトの方はもっと固かったです。

imageARE145来たあ35左ひざ

切開した部分に補修用シリコンを塗り、24時間待つためにテープで固定しました。

補修用シリコンが硬化する際、はみ出したシリコンがテープとくっ付いて硬化し、
テープをはがす際に補修用シリコンがテープにくっ付いてちぎれてしまい、
見栄えが悪くなるので、くっ付かないように工夫が必要です。失敗、失敗。

imageARE145来たあ36左ひざ

使ったものは、補修用シリコン、13ミリのレンチ、カッター、テープ。

 ◇ ◆ ◇

さて、24時間後です、補修用シリコンが硬化したはず。

imageARE145来たあ37左ひざ

テープをはがしたところ。

imageARE145来たあ38左ひざ

パフ掛けをしたら、ささくれが目立ってしまいました。

ささくれができたのは、テープをはがす際に、硬化した補修用シリコンがテープにくっ付いて
ちぎれたためではないかと思います。

imageARE145来たあ39左ひざ

今回、内側は切開する必要がありませんでしたが、切開したので、
外側と同時に補修しました。

 ◇ ◆ ◇

2日後(44時間後)、ひざを曲げてみました。

imageARE145来たあ40左ひざ

こちら、ひざの外側。補修した部分が、ひざを曲げることによってシリコンが
強く曲げられる部分ではないことが分かります。
ひざを曲げても、補修した部分はあまり曲がっていません。これはラッキー。

imageARE145来たあ41左ひざ

こちら、内側。

imageARE145来たあ42左ひざ

見栄えの良くない仕上がりとなりましたが、ニーソで見えないし。いいんじゃない?

imageARE145来たあ43左ひざ

グリップ力を回復したことが嬉しいです。立たせたり着替えの際にも便利だし、
それに、あんな姿勢やこんな姿勢もできるよー。

Comments

name
comment
弐式 : URL

#8EQ5bLoo Edit  2017.04.22 Sat 01:27

お見事です。
私ならやるとますます悪化させるだろうから絶対やりませんけどね。(自爆)

でも、そもそもARTEお迎えしてからどのくらい経ちましたっけ?

かおる@ToshinDOLL : URL 弐式さん

#dvQckJnQ Edit  2017.04.23 Sun 18:51

見栄えは悪くなるだろうと思いながらも、やってしまいました
おかげで使い勝手は良くなりました

このARTEはまだ半年くらいではないかと思います
でもすぐに左ひざのグリップがなくなりましたね

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可